忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





[PR] |
個人事業主より法人の法がお得?
個人事業主かそれとも法人か、と起業するときに悩む方も多いと思います。また、個人事業主で経営をしているけど株式会社として法人化したほうが得かもしれないと思うこともあると思います。
個人事業主よりも法人の法がメリットがあることとしては次のようなことが考えられます。

・家族に給料を支払うことが届出なしに出来る。例えば妻などの扶養家族に給料を支払うときは、個人事業主の場合は事業専従者としてあらかじめ税務署に届出をしておかなければならない。そしてその際は金額に関わらず妻は扶養家族にできなくなる。

・賃貸に住んでいる場合などは家賃の支払金額の何割かを社宅家賃の名目で会社が支払うとともに会社の経費にすることができる。

・生命保険を会社で加入すれば保険料の全額を会社の経費に計上できる。個人事業主の場合は生命保険控除というものはあるが、これは全額を必要経費にすることは出来ない。

・その年の経営が赤字の場合はその赤字を繰り越すことが出来るが、個人事業主は3年だが法人は7年間まで繰り越せる。

私が知っていることは以上ですが、このような細かいことよりも売上がある程度を越したなら所得税などの税金がお得になることが一番の関心事かもしれません。

よく言われるのは売上が800万円以上だとか1,000万円以上だと法人にしたほうが税金的にはお得だということです。その理由の1つとしては法人の場合は会社の代表だとしても会社から給料をもらうことになるので給与所得になります。個人事業主は事業所得です。給与所得の場合は給与所得控除というものがあり、給料の額が多くなるごとに段階的に控除額が大きくなります。その控除額がどのくらいになったかでお得かどうかが決まってくるそうです。
PR




個人事業主より法人の法がお得? | Comments(0) | TrackBack(0) | 個人事業主か法人か

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 個人事業主の確定申告日記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]