忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





[PR] |
個人事業主の確定申告は会計ソフトをうまく使う
個人事業主の確定申告は会計ソフトをうまく使えるかどうかにかかっています。例え経理の知識がなくても最近の会計ソフトは親切にできていますので、少しだけ努力すれば誰でもできるようになると思います。

私も真お年の確定申告では経理ソフトを使ってパソコン処理しています。毎年この時期になると、来年こそはもう少し早く準備しようと思うのですが、ふたを開けてみるといつも土壇場になって一年分の処理をする。

まずは1年分の領収書の整理から。これは全部勘定科目別にまとめます。そして各勘定科目ごとにまとめたものを日付ごとにしていきます。

例えば電話代であれば毎月1回支払っていることと思います。自動落ちの場合もあるし、コンビニで支払っているもあります。毎月金額が違うだけで内容は電話代として支払うわけですから、会計ソフトの振替伝票入力のときは毎月同じものを日付を変えて入力するだけです。なので初めに電話代のパターンの伝票を設定しておくだけです。あとは日付と金額を変えて入力する。1年12回分ですからすぐ入力できます。

交通費も交際費も振替伝票のパーターンを初めに作っておくのです。あとは電卓たたくような感じで終わってしまいます。どの会計ソフトでも入力伝票(振替伝票)のパターン化はできるハズです、領収書を一枚一枚電卓に打って計算するほうがシンドイですよ。
PR




個人事業主の確定申告は会計ソフトをうまく使う | Comments(0) | TrackBack(0) | 個人事業主の会計ソフト

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 個人事業主の確定申告日記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]